◇ 写真の会 

 発足当時からの会員は2名ですが、現在は30人が毎月の選評会を楽しくやっています。年2回、関東民放クラブの総会や懇親会での作品展示を陳列しています。
 最近はデジカメの普及も著しく、作品が混在していますが、プリントも仕上がりがよくフイルム写真と全く互角の評価がなされるようになりました。日進月歩で写真好きにとっては機材の購入時期に悩まされています。
 半蔵門駅そばのレストラン「コルネット」
(JFNセンター1階)店内に会員の傑作を常時展示しています。

◇ グルメの会(食べ歩きの会) 

 気の合った仲間と一緒に美味しいランチを食べ歩く…、シンプルで手軽なレジャーの極みです。全国各地区のクラブのほとんどに「食べ歩き」類似の同好会があるのも、またむべなるかなでしょう。
 イタリアの地方料理からそば懐石まで、和洋中のオールジャンルを網羅しています。行き先は都内や近郊の名店の昼食から、季節に合わせて選んでいます。参加費は5,000円を基本としています。

*目次へ

 毎月の例会を軸に、会員同士で、あるいはゲストを交えて、ダンスを楽しんでいます。会員はダンス歴60年余りの大ベテランから、昔やったけど、もうすっかり忘れたという方や、まだ始めたばかりで踊れないという方まで、多士済々です。
 例会は主に毎月第3月曜日に日比谷の東宝ダンスホールで開催しています。そのほかの時には、夜のパーティや泊りがけのダンス合宿などもやっています。
 上手に踊るよりも楽しく、親睦を深め、健康増進に役立てることに重点を置いています。

 陶芸は最近静かなブームです。当会は歴史も長く特徴は自分が創りたい作品を自由にできることです。初めは先生の指導に従って、手びねり、板づくり、ひもづくりなどの基本を学ばねばなりませんが、後は何を作りたいか、形、大きさ、色そして土の選択などすべて自分で決めます。
 毎週金曜日午後2時から、現在会員は10人、皿ばかり削っている人、無心にロクロを廻す人、人形や兜を作る人、何かわからないものを作っている人…みな、森先生ご夫妻の指導のもと作陶に励んでいます。

◇ 陶芸の会 

◇ ダンス同好会